« NHK 生活ほっとモーニング | トップページ | ワクチンについて »

薬について

現在のH5N1患者さんにステロイド剤を投与すると

症状が悪化します。これが新型インフルエンザに引き継がれるか

どうか分かりませんが、事前に主治医の先生にご相談ください。

発生後は公的機関の注意情報をチェックしておきましょう。

  タミフル、風邪薬、解熱剤について

お子さんのいる方は事前に主治医の先生にご相談ください。

子供には重篤な副作用がまれに出る薬もあります。

インフルエンザについてhttp://www.city.yokohama.jp/me/kenkou/eiken/infection_inf/infc_infuruenza.html

インフルエンザの治療について

 オセルタミビル(商品名:タミフル)の服用と異常な行動との関係については、厚生労働省において、因果関係を究明するための検討を進めています。
 一方、インフルエンザに感染したがオセルタミビル(商品名:タミフル)を服用していない場合でも、異常行動の発現が認められています。インフルエンザと診断され治療が開始された後は、オセルタミビル(商品名:タミフル)の服用の有無を問わず、異常行動発現の恐れがあると考えられます。そのため、万が一の事故を防止するためには、特に小児・未成年者に対して、少なくとも二日間、オセルタミビル(商品名:タミフル)の服用の有無を問わず、小児・未成年者が一人にならないよう周囲の保護者等が注意することが重要です。

インフルエンザと解熱剤について

インフルエンザでは高熱が見られます。高熱に対して解熱剤が使われることがあります。この解熱剤の使用については、注意が必要です。インフルエンザにかかったときに、使用を避けるべき解熱剤として、サリチル酸系医薬品(アスピリン、アスピリン・アスコルビン酸、アスピリン・ダイアルミネート、サリチル酸ナトリウム、サザピリン、サリチルアミドおよびエテンザミド)、ジクロフェナクナトリウムおよびメフェナム酸があげられます。サリチル酸系医薬品については、ライ症候群(当・横浜市衛生研究所ホームページの「インフルエンザワクチンについて」・「水痘について」参照)の発生の恐れから、15歳未満の水痘、インフルエンザの患者には投与しないことが原則となっています。ジクロフェナクナトリウムについては、インフルエンザ脳炎・脳症を悪化させる恐れがあります。メフェナム酸についても、インフルエンザ脳炎・脳症を悪化させる可能性などについて研究が進行中です。このように使えない解熱剤が多いと、「どんな解熱剤をつかったら良いの?」ということになります。小児のインフルエンザでの高熱に対して、解熱剤を使用するのであれば、アセトアミノフェンが適切であるとされています。

 こどもの急な発熱に備えて、以前にもらった熱さましの座薬などを冷蔵庫に保管している方もいらっしゃるかもしれません。インフルエンザにかかって急に高熱が出たときに、そのような取り置きの解熱剤をむやみに使ってはいけません。たとえば、インフルエンザ以外の病気でもらった熱さましの座薬などであれば、インフルエンザにかかったときに使用を避けるべき解熱剤である可能性があります。インフルエンザにかかって急に高熱が出たときに、解熱剤の使用を考える場合には、医師の助言を得て、適切な解熱剤を選択しましょう。

OTC風邪薬のせいで毎年7000人の小児が救急科で治療されている
http://www.biotoday.com/view.cfm?n=24770

|

« NHK 生活ほっとモーニング | トップページ | ワクチンについて »

子供は?」カテゴリの記事

家庭での看護」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511057/10287786

この記事へのトラックバック一覧です: 薬について:

« NHK 生活ほっとモーニング | トップページ | ワクチンについて »