« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

与党PTの提言ニュースまとめ

新型インフル:与党PTが提言…治療薬の備蓄倍増など
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080621k0000m010069000c.html
▽中山哲夫・北里生命科学研究所教授(臨床ウイルス学)の話
 全国民分のワクチン製造期間を6カ月以内とする目標は、細胞培養の技術や安全性が不確実な現時点では難しい。そうするとインフルエンザ治療薬を配布することになり、与党PTが示した「40~50%の備蓄」は達成しなければならない数字だ。だが、流通し合う諸外国の備蓄状況とのバランスや国内の配布の優先順位も考えねばならず、その点の議論は不十分ではないか。

抗ウイルス薬備蓄、国民の50%に=新型インフル与党PT
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008062000863
 現在、国民の23%相当の抗ウイルス薬が備蓄されており、新薬の開発状況などを見ながら、これを段階的に40-50%まで引き上げる。

新型インフルエンザ対策まとまる 与党PT
http://sankei.jp.msn.com/life/body/080620/bdy0806202009006-n1.htm
検討される新法では、都道府県知事に、人の移動制限や企業活動の禁止、さらには地域の医療態勢確保、自衛隊との連携などで強い権限を与えることを想定している。

新型インフル「研究センター」新設を提言…与党チーム
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080620-OYT1T00721.htm?from=navr
 電気や水道など生活に不可欠な事業を請け負う企業以外は、流行時の活動自粛を含めた業務方針を決めておくことなども提案した。国には、活動自粛で経済的被害が生じた場合の金融対策も講じるよう求めている。

| | トラックバック (0)

原因不明の致死性疾患-北朝鮮(02)

ProMed日本語訳MLより

●06-12(0613-0040)#C#原因不明の致死性疾患-北朝鮮(02)
北朝鮮政府当局は、国内で鳥インフルエンザもしくは手足口病hand, foot and mouth
disease (HFMD) が拡大しているとの噂を否定した
情報源:Yonhap News Agency、2008年6月12日。
http://english.yonhapnews.co.kr/northkorea/2008/06/10/77/0401000000AEN200806
10002900315F.HTML
北朝鮮政府当局は、10日のラジオ放送で、国内で鳥インフルエンザもしくは手足口病
hand, foot and mouth disease (HFMD) が拡大しているとの噂を否定した。政府衛生
当局は、WHOに対し、2008年に当局に対して鳥インフルエンザやHFMDの報告は1例もな
かったと報告したことが、ワシントンにあるラジオ放送で伝えられた。この否定会見
は、韓国の支援団体から1週間前に出された、鳥インフルエンザまたはHFMDが疑われ
る原因不明の疾患が、北朝鮮国内の中国国境地帯で流行しているとの報告を受けての
対応である。...WHO,OIEへの報告が途絶えていることなど..
[ModCP注-4日、ProMED-mailでは、北朝鮮と中国との国境地帯で鳥インフルエンザや
HFMDなど様々な診断がついた原因不明の疾患が発生しているとの報告を掲載した
(20080604.1791)。この情報源は、韓国の人道支援団体で、患者の多くは政府系の保
育施設で発生し、発症前にインフルエンザ類似症状を示していたと報じている。現時
点で、北朝鮮政府当局は否定しているが、同地域からの発生報告が続いている(see:
North Korea Today, No. 137, Fri 6 Jun 2008 at
<http://goodfriendsusa.blogspot.com/2008/06/north-korea-today-no-137.html>).]

| | トラックバック (0)

北朝鮮空軍基地近くで鳥インフルエンザ発生と、韓国団体

北朝鮮空軍基地近くで鳥インフルエンザ発生と、韓国団体
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200806110029.html

| | トラックバック (0)

「流行6カ月で全国民にワクチン」 与党が新型インフル素案

「流行6カ月で全国民にワクチン」 与党が新型インフル素案
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/080611/acd0806112055005-n1.htm

研究機関や製薬会社が進める製造期間短縮のための技術開発などを、予算面から後押しする考えだ。
新型インフルエンザ発生時に食料、日用品の輸送や患者、関係者の搬送に自衛隊へ航空機、艦船の派遣を要請するほか、自衛隊病院での診療、自衛隊医官による医療活動、隊員による遺体の埋葬など、自衛隊の活用を明確化することを盛り込んでいる。

新型インフル、ワクチン製造期間を3分の1に…与党チーム
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080611-OYT1T00739.htm

新型インフルエンザ対策のための新法設置の必要性も検討する項目の一つに挙げている。

| | トラックバック (0)

北朝鮮:手足口病の可能性が高い

UNDIAGNOSED FATAL DISEASE - NORTH KOREA
http://www.promedmail.org/pls/otn/f?p=2400:1001:185268060377493::NO::F2400_P1001_BACK_PAGE,F2400_P1001_PUB_MAIL_ID:1000,72727

ProMed日本語訳MLより

竹川先生のボランティア訳です。

●06-03(0605-0050)#C#原因不明の致死性疾患-北朝鮮
[1] 連日5-6人のインフルエンザ様症状のある園児らが死亡している。
情報源:Yonhap News Agency、2008年6月3日。
http://english.yonhapnews.co.kr/news/2008/06/03/5/0200000000AEN2008060300850
0315F.HTML
北朝鮮の中国国境付近の一部の地域で、原因不明の疾患が流行中であり、北朝鮮政府
衛生当局は警戒を強めていると、2日現地支援団体が報告した。北朝鮮の医師らは鳥
インフルエンザを、他の医師は手足口病を疑っているこの疾患により、すでに、多数
の7歳以下の小児の命が奪われていると、仏教関係の支援団体が伝えた。4月27日以
降、Hoeryong(North Hamgyong Province)において、連日5-6人の小児が原因不明の
病気で死亡している。隣接するMusan市の幼児らにも蔓延している。インフルエンザ
様症状である、発熱、咳、咽頭痛、食欲低下が認められることから、"鳥インフルエ
ンザと診断している"とする北朝鮮医師の言葉が伝わっている。Musan市でも、"確か
に鳥インフルエンザの拡大が続いている"との他の医師の発現がある。この疾患は、
公立の保育施設や幼稚園を中心に発生しており、成人での感染は報告されていない。
て黄局は原因究明に当たっている。しかし、もう1人の医師は、中国からの手足口病
が北朝鮮の国境地帯に拡大していると述べた。
[2] North Korea, suspected
情報源:Australian Broadcasting Corporation online、2008年6月4日。
http://www.radioaustralia.net.au/news/stories/200806/s2264227.htm?tab=latest
韓国の人道援助当局は、中国国境地帯の北朝鮮各地で原因不明の感染流行が発生し、
数十人の小児が死亡していると述べた。4月27日の発生以来、感染力の強い疾患によ
り、連日5-6人の小児が死亡していると、この団体は述べている。北朝鮮の医師ら
は、診断や治療の方法がなく、鳥インフルエンザか、中国で多くの小児が死亡した手
足口病としているという。感染流行は、公立の保育施設や幼稚園を中心に拡大し、保
護者らによると、死亡する前にインフルエンザ様症状が見られたと話している。
[Mod.CP注-中国国境付近という位置関係や、患者の年齢層から、鳥インフルエンザ
というよりは、HFMDの診断の可能性がより高い。しかし、死者がこれほど多いことは
意外である。詳細な情報を希望する。]
[Mod.JW注-成人の感染がなく、保育施設で発生していることから、鳥インフルエン
ザや季節性インフルエンザはありえない。]
地図 North Korea, showing the border region with China 
http://healthmap.org/promed?v=40,127,5

| | トラックバック (0)

北朝鮮で謎の伝染病、子ども数十人が死亡か

真偽不明です、情報のお取扱いにはご注意を。

北朝鮮で謎の伝染病、子ども数十人が死亡か
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2399982/2993546

| | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »