« 公開講演会:新型インフルエンザ研究最前線-3人のトップ科学者が語る- | トップページ | 日経サイエンス別冊:感染症の脅威 パンデミックへの備えは万全か »

岡田先生は麻しん部所属?専門は?研究員?

岡田晴恵先生の上司の先生で共著の本もたくさんある田代先生は、WHOで新型インフルエンザ対策にあたってます。
WHOインフルエンザ協力センター長、国立感染症研究所ウイルス第三部長さんです。
世界のインフルエンザワクチン株を最終的に決める、4人のインフルエンザ協力センター長のお一人で、WHOのフェーズを決定する会議の重要なメンバーです。

共著の、岩波書店 科学ライブラリー「新型インフルエンザH5N1」奥付によると、
岡田先生はウイルス第三部研究員、専門は感染免疫学、ワクチン学。
田代先生の専門はウイルス学、感染症学とあります。

ちなみに国立感染症研究所に麻しん部はありません。

H5N1ウイルスが新型に変異するならその前にトリでの発症は減るとの説もありますので、冷静な対処をお願い致します。

嘘を嘘と見抜けないと(パンデミックを乗り切るのは)難しい、とだけ書いておきます。

|

« 公開講演会:新型インフルエンザ研究最前線-3人のトップ科学者が語る- | トップページ | 日経サイエンス別冊:感染症の脅威 パンデミックへの備えは万全か »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511057/26133008

この記事へのトラックバック一覧です: 岡田先生は麻しん部所属?専門は?研究員?:

« 公開講演会:新型インフルエンザ研究最前線-3人のトップ科学者が語る- | トップページ | 日経サイエンス別冊:感染症の脅威 パンデミックへの備えは万全か »