« 抗インフル薬「リレンザ」処方後に転落死、厚労省が注意喚起 | トップページ | 鳥インフルエンザ死者相次ぐ 警戒強める中国 »

鳥インフルエンザ-中国、ヒト(15)、感染伝播に関する疑問

ProMED日本語訳MLより、竹川先生のボランティア訳です。

http://www.promedmail.org/pls/otn/f?p=2400:1001:437674065952305::NO::F2400_P1001_BACK_PAGE,F2400_P1001_PUB_MAIL_ID:10001,75734
●01-21(0123-0070)#C#鳥インフルエンザ-中国、ヒト(15)、感染伝播に関する疑問
ワクチン接種による不顕性化と、中国国内でのサーベイランスの難しさ
情報源:CIDRAP News 、2009年1月21日。
http://www.cidrap.umn.edu/cidrap/content/influenza/avianflu/news/jan2109birds-jw.html
中国で最近多発するヒトのH5N1感染例では、周囲の家禽での感染流行の徴候はな
く、鳥類の無症候性感染が懸念されている。しかし、獣医学の専門家らは、サー
ベイランスの盲点や定期的なワクチン接種が行われていた結果とも考えられると
している。中国では2009年のこれまでに4人の患者が報告され、うち3 人が死亡
した。WHOの報告によると、...湖南省の16才の少年は貴州省の病鳥や死鳥と接触
があった、北京の19才女性は発病前に家禽と接触があったが家禽の健康状態は不
明、山西省の2才児と山東省の27才女性の感染源は調査中となっている。農業省
は、山西省と湖南省においてH5N1感染流行を確認していない。香港の専門家は、
無症候性のH5N1感染鶏(ニワトリ)による感染伝播の可能性を指摘している。UN
(国連、FAO)の鳥インフルエンザの専門家は、中国国内の家禽の個体数が、サー
ベイランス作業を難しくしていると述べている。46億万羽のニワトリ、7億羽の
カモ、3億羽のガチョウが、全国にいわば偏在する形で分布している。カモはイ
ネの二期作が行われる南部および南東部に向かう傾向があり、カモはH5N1ウイル
スが保有・循環させていることから、この地域が最もリスクが高いと考えられて
いる。ガチョウはコメの一期作地域である、やや雨の少ない北東部や極西に向か
う。ニワトリは、ヒトが住む場所に必ず飼育されており、特に都市部や沿岸部の
港湾に多い。家禽の感染流行の報告が少ないことは、中国政府の家禽へのワクチ
ン政策に関係すると指摘されている。中国のH5N1が低病原性化しているという説
には疑問を抱いている。ワクチン接種は、感受性のある個体を地理的モザイク状
に広げてしまい、病原性のレベルを高める可能性もあると述べている。ほとんど
の中国からのウイルスの感染拡大があるベトナムでの知見から、2002年から2007
年の間に行われた若いカモの調査で、毒性が増したことが示唆されている。北京
のFAO事務所のアドバイザーは、中国政府は農場や生きたトリを扱う市場から、
毎年多くの検体を採取して鳥類の無症候性H5N1感染を調べていることを明らかに
した。定期的にウイルスは検出されているが、周辺地域での感染流行は見られて
いないと説明された。中国国内のウイルスは複数あり、カモは軽い症状しか示さ
ないままウイルスを排泄する。さらに、必要のないsuboptimalワクチン接種は、
症状をマスクするが、ウイルスの排泄を止めることはできない。...以下、サー
ベイランスの強化の必要性、生きたトリを扱う市場の厳格な閉鎖実施、ワクチン
接種群での監視上の注意、ワクチン接種側の言い分など。

|

« 抗インフル薬「リレンザ」処方後に転落死、厚労省が注意喚起 | トップページ | 鳥インフルエンザ死者相次ぐ 警戒強める中国 »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511057/27597885

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥インフルエンザ-中国、ヒト(15)、感染伝播に関する疑問:

« 抗インフル薬「リレンザ」処方後に転落死、厚労省が注意喚起 | トップページ | 鳥インフルエンザ死者相次ぐ 警戒強める中国 »