« 新型インフルQ&A:被害はどのくらいになるの? | トップページ | 豊橋市:鳥インフル、峠越えたが… »

新型インフルエンザ対策に普通のインフルエンザワクチン接種のおすすめ

*このブログでの「普通のインフルエンザワクチン」は、毎年10月から接種できる「季節性インフルエンザワクチン」のことです。
プレパンデミックワクチン、パンデミックワクチンのことではありません。

普通のインフルエンザワクチンで新型インフルエンザに多少の交差免疫が期待できるかもしれません。

ご家族全員で接種しておきましょう。

大人は1回接種、子供は2回接種。

費用は大人1人1回¥3000前後。

子供は1回 \1000-2000ほど。

お年寄りは一人\1000ぐらいです。

普段、診ていただいてる先生に相談なさってから

接種するといいでしょう。

一時的に品不足になった年もありますので、お早めにどうぞ。

ワクチン接種の利点は、

・H5N1とH1N1ソ連インフルエンザのN1部分で交差免疫が期待できる。動物実験で致死率が半減しました。

・鳥インフルエンザウイルスとH3N2香港インフルエンザ、またはH1N1ソ連インフルエンザが交雑して新型発生なら、H3N2かH1N1の部分に交差免疫が期待できる。

・抗ウイルス剤耐性ウイルスに効果がある。

・インフルエンザ全般への抵抗力を上げる。

・新型発生初期に普通のインフルエンザを発症する可能性を低くできる。

・インフルエンザ以外の風邪への抵抗力を上げられる。

ご家族全員で毎年接種するとさらに効果は上がります。

12月27日-鳥及び新型インフルエンザ直近情報
http://homepage3.nifty.com/sank/jyouhou/BIRDFLU/2007/12tukino1.html

Regular flu vaccine may help against H5N1: study Scientific American (米国) 
研究報告:定期的インフルエンザワクチンがH5N1ウイルスに対しても効果がある可能性
ロイター配信

通常の季節性インフルエンザワクチンがH5N1鳥インフルエンザに効果を持つ可能性
http://homepage3.nifty.com/sank/jyouhou/BIRDFLU/2006/effectofinfluwaccine102.pdf
研究:インフルエンザワクチンが、鳥インフルエンザの重症化を抑える可能性が示唆
http://homepage3.nifty.com/sank/jyouhou/BIRDFLU/2007/Reuter213.pdf

お年寄りは肺炎予防のために、肺炎球菌ワクチンの接種を先生にご相談ください。

肺炎球菌ワクチン打ちたい
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/soudan/20080113-OYT8T00193.htm

|

« 新型インフルQ&A:被害はどのくらいになるの? | トップページ | 豊橋市:鳥インフル、峠越えたが… »

ワクチンは?」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511057/24895442

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザ対策に普通のインフルエンザワクチン接種のおすすめ:

« 新型インフルQ&A:被害はどのくらいになるの? | トップページ | 豊橋市:鳥インフル、峠越えたが… »