« 欧州の感染者急増が認定の焦点 WHOのパンデミック | トップページ | 新型インフルエンザA/H1N1 流行株は1種類で「弱毒性」 »

<新型インフル>60歳以上の感染まれ…WHO委員指摘

<新型インフル>60歳以上の感染まれ…WHO委員指摘
http://mainichi.jp/select/today/news/20090507k0000e040053000c.html
 世界保健機関(WHO)の緊急委員会委員を務める国立感染症研究所の田代真人・インフルエンザウイルス研究センター長は6日、記者会見した。高齢者が重症化しやすい季節性インフルエンザと違い、メキシコや米国、カナダなど新型インフルエンザウイルスの感染が確認されているほとんどの国で「患者は10代半ばから50歳くらいまでで、60歳以上はほとんどいない」と指摘した。

 現時点で結論を出すのは早急で、理由はよく分からないとしながらも、「高齢者は、以前に今回の新型インフルエンザウイルスと抗原的に似たウイルスに感染していた可能性がある」として、何らかの免疫を持っている可能性を示唆した。

|

« 欧州の感染者急増が認定の焦点 WHOのパンデミック | トップページ | 新型インフルエンザA/H1N1 流行株は1種類で「弱毒性」 »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511057/29489039

この記事へのトラックバック一覧です: <新型インフル>60歳以上の感染まれ…WHO委員指摘:

« 欧州の感染者急増が認定の焦点 WHOのパンデミック | トップページ | 新型インフルエンザA/H1N1 流行株は1種類で「弱毒性」 »