« 国内発生対応“慎重に検討” | トップページ | 「フェーズ6の可能性大」=WHO田代委員が与党PTに見解-新型インフル »

WHO、途上国への拡大に懸念 新型インフル、南半球の冬を前に

WHO、途上国への拡大に懸念  新型インフル、南半球の冬を前に
http://www.47news.jp/CN/200905/CN2009050801000672.html
 【ジュネーブ8日共同】世界保健機関(WHO)は、新型インフルエンザがサハラ砂漠以南のアフリカ諸国など、これから冬を迎える南半球にある発展途上国に拡大していくことを懸念、警戒を始めた。先進国に比べ感染拡大時の被害が特に大きいとみられるためだ。

 WHOのフクダ事務局長補代理は7日の記者会見で、このまま感染拡大が続き世界的大流行(パンデミック)に発展した場合、過去の経験からすれば世界人口の3分の1に当たる20億人が感染する事態も「妥当な予測といえる」と指摘した。この場合、仮に症状が比較的軽いインフルエンザとしても「世界規模でみれば多数の人が肺炎などの重症や死に至ることを懸念する」と話した。

 その上で、特に先進国よりも途上国の状況が懸念される理由として(1)重症例が多いとされる若年人口比率が高い(2)栄養状態が悪い(3)紛争中の国やエイズ感染者が多い―などを挙げ、警戒を呼び掛けた。

 一方、WHOは警戒水準を現行の「フェーズ5」からパンデミック認定を意味する「6」に引き上げるかどうかについて、さらに検討を続けている。

|

« 国内発生対応“慎重に検討” | トップページ | 「フェーズ6の可能性大」=WHO田代委員が与党PTに見解-新型インフル »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511057/29507902

この記事へのトラックバック一覧です: WHO、途上国への拡大に懸念 新型インフル、南半球の冬を前に:

« 国内発生対応“慎重に検討” | トップページ | 「フェーズ6の可能性大」=WHO田代委員が与党PTに見解-新型インフル »