« 新型ウイルスは「弱毒性」が妥当―感染研・岡部センター長 | トップページ | 5/9【会見詳報】厚生労働省新型インフルエンザ定例・岡部センター長質疑抜粋 »

感染目的パーティーやめて 新型インフルで米当局

新型以外の季節性インフルエンザも流行してます。

感染したのが新型インフルエンザだという保障はありません。

感染目的パーティーやめて  新型インフルで米当局
http://www.47news.jp/CN/200905/CN2009051101000131.html
 【ワシントン10日共同】新型インフルエンザの感染が拡大している米国で、わざと感染して免疫をつけようという「感染パーティー」が話題になり、米保健当局が10日までに「個人と子どもを危険にさらす」と警告する事態になった。

 専門家によると、こうした方法は感染第2波に対する免疫がつく確証がない上、個人の健康状態によっては重症化したり、家族や同僚に感染を広げたりする恐れがあるという。

 ニューヨーク・タイムズ紙などによると、この種のパーティーは近所で水ぼうそうなどに感染した子どもが出た際、ワクチン接種を嫌う親が子どもに免疫をつけさせるためにわざと感染させる集会で「チキンポックス(水ぼうそう)パーティー」などと呼ばれる。

 米国では、新型インフルエンザの感染確認が10日までに2500人を超えたが、大部分は軽症で回復しているとされている。1918年に出現したスペイン風邪のように秋に第2波が再来し、強毒に変異している可能性があるとの専門家の予測も広く知られ、インターネットなどで「今のうちに感染したほうがいいのでは」と話題になったという。

|

« 新型ウイルスは「弱毒性」が妥当―感染研・岡部センター長 | トップページ | 5/9【会見詳報】厚生労働省新型インフルエンザ定例・岡部センター長質疑抜粋 »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511057/29560222

この記事へのトラックバック一覧です: 感染目的パーティーやめて 新型インフルで米当局 :

« 新型ウイルスは「弱毒性」が妥当―感染研・岡部センター長 | トップページ | 5/9【会見詳報】厚生労働省新型インフルエンザ定例・岡部センター長質疑抜粋 »