« 警戒水準を引き上げか WHOが専門家会議 | トップページ | 感染症研究所 感染症情報センター:個人個人が行うことのできる対策 »

新型インフル、WHOが警戒度「6」検討

新型インフル、WHOが警戒度「6」検討
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090506-OYT1T00064.htm?from=main1
 【ジュネーブ=大内佐紀】世界保健機関(WHO)は5日、早ければ同日中に新型インフルエンザに関する警戒水準を現行の「フェーズ5」から世界的大流行(パンデミック)を意味する最高の「6」に上げる方向で内部調整に入った。

 WHO当局者が明らかにした。

 フェーズ6への引き上げ条件は、二つ以上の大陸で人から人への持続的な感染が確認されること。メキシコと米国を含むアメリカ大陸で持続的感染が見られているほか、スペインや英国などの欧州大陸でも二次感染が確認されており、WHOでは欧州での感染状況を注視していた。

 ただ、WHOでは、「『フェーズ』は感染地域の地理的な広がりだけを判定基準とし、症状の重さとは関係ない」として、冷静な対応を求めてきた。「6」を宣言したとしても、渡航禁止、国境閉鎖など社会・経済的影響の大きい措置は引き続き取らないよう各国政府に求める方向だ。

 WHOは、インフルエンザウイルスの活動に適するとされる冬を迎える南半球での感染拡大に神経をとがらせている。すでに南米の一部で感染が報告されており、まだ報告のないアフリカ諸国などは医療体制が不備な所が多いからだ。WHOは27日夜にフェーズを「3」から「4」に上げ、その2日後の29日には、「4」から「5」へ引き上げた。

|

« 警戒水準を引き上げか WHOが専門家会議 | トップページ | 感染症研究所 感染症情報センター:個人個人が行うことのできる対策 »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511057/29461110

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフル、WHOが警戒度「6」検討:

« 警戒水準を引き上げか WHOが専門家会議 | トップページ | 感染症研究所 感染症情報センター:個人個人が行うことのできる対策 »