« ライフライン維持へ 新型インフルで事業者が備え | トップページ | 来月から新型インフルワクチン製造可能に »

感染研 高齢者に免疫の可能性

感染研 高齢者に免疫の可能性
http://www3.nhk.or.jp/news/t10015802351000.html
新型インフルエンザの海外での広がりについて、国立感染症研究所の田代眞人インフルエンザウイルス研究センター長は、6日に開かれた説明会で「最新の報告によると、患者の中に通常のインフルエンザでは多い高齢者がほとんどいない。何らかの免疫を持っている可能性があるのではないか」と述べました。

これは、東京・新宿区の国立感染症研究所で6日に開かれた説明会のテレビ中継で、インフルエンザウイルス研究センターの田代眞人センター長が述べたものです。

田代センター長は、多くの感染者が確認されているメキシコやアメリカなどからの最新の報告に基づいて「患者は60歳以上がほとんどいないことがわかってきた。

理由はよくわからないが、高齢者は新型のウイルスに対する何らかの免疫を持っている可能性がある」と述べました。

また、重症化している患者について「毒性の強さは通常のインフルエンザ程度とみられ、健康な人が重症化することはほとんどないようだ。

しかし、糖尿病や透析の治療を受けている人などの場合には症状が重くなっており、感染の拡大防止が重要なことに変わりはない」と指摘しました。

|

« ライフライン維持へ 新型インフルで事業者が備え | トップページ | 来月から新型インフルワクチン製造可能に »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511057/29468602

この記事へのトラックバック一覧です: 感染研 高齢者に免疫の可能性:

« ライフライン維持へ 新型インフルで事業者が備え | トップページ | 来月から新型インフルワクチン製造可能に »