« 香港高官「爆発的流行は不可避」発言で波紋 | トップページ | 欧州の新型インフル感染者 20代に集中の理由 »

A型の季節性患者は推定17万人 新型感染の疑い今後も

A型の季節性患者は推定17万人  新型感染の疑い今後も
http://www.47news.jp/CN/200905/CN2009050401000507.html
A型の季節性患者は推定17万人  新型感染の疑い今後も
 簡易検査でインフルエンザのA型と判定され、新型インフルエンザが疑われる人が相次いでいる。国立感染症研究所によると4月下旬の季節性インフルエンザの国内推定患者は約17万人。

 同研究所は「まだまだ季節性の患者が出ており、A型とされても新型の可能性が高いとは言えない」と指摘。今後も一時的に新型の感染が疑われるケースが出そうだ。

 感染研によると、4月20日からの1週間に全国の定点医療機関から報告されたインフルエンザ患者は約1万6600人で、推定患者数は約17万人。B型が多く、全体的に流行は下火になってきている。

 4月中旬のデータで発生が目立つ地域は首都圏のほか、北海道、秋田、長野、鹿児島各県など。

 インフルエンザで大規模な流行をするのはA型とB型。国内では11月下旬-12月上旬に発生が始まり、翌年1-3月に患者が増加、4-5月に減少するが、夏に患者が発生することもある。

|

« 香港高官「爆発的流行は不可避」発言で波紋 | トップページ | 欧州の新型インフル感染者 20代に集中の理由 »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511057/29444142

この記事へのトラックバック一覧です: A型の季節性患者は推定17万人 新型感染の疑い今後も:

« 香港高官「爆発的流行は不可避」発言で波紋 | トップページ | 欧州の新型インフル感染者 20代に集中の理由 »