« 新型インフル警戒水準上げ、「地球規模の感染」条件 WHO事務局長 | トップページ | 新型インフル便乗、悪徳サイトに注意 »

来年1月に決着先送り=新型インフルの検体問題-WHO総会

来年1月に決着先送り=新型インフルの検体問題-WHO総会
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009052200090
 【ジュネーブ21日時事】世界保健機関(WHO)加盟国は21日の年次総会の会合で、鳥インフルエンザをはじめとした新型インフルエンザのワクチン開発に必要な感染者の検体の共有問題を討議した。ただ、最終合意には至らず、来年1月のWHO執行理事会に決着を先送りすることになった。
 新型インフルエンザの検体問題は、2007年にインドネシアがWHOへの検体提供を停止したことが発端。同国など開発途上国は自らが提供した検体が先進国などのワクチン製造企業に商業利用されることに反発し、提供する際の利益共有を求めた。(2009/05/22-06:17)

|

« 新型インフル警戒水準上げ、「地球規模の感染」条件 WHO事務局長 | トップページ | 新型インフル便乗、悪徳サイトに注意 »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511057/29733721

この記事へのトラックバック一覧です: 来年1月に決着先送り=新型インフルの検体問題-WHO総会:

« 新型インフル警戒水準上げ、「地球規模の感染」条件 WHO事務局長 | トップページ | 新型インフル便乗、悪徳サイトに注意 »