« WHO、途上国への拡大に懸念 新型インフル、南半球の冬を前に | トップページ | ProMED情報 感染症ML ProMED日本語訳 »

「フェーズ6の可能性大」=WHO田代委員が与党PTに見解-新型インフル

「フェーズ6の可能性大」=WHO田代委員が与党PTに見解-新型インフル
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009050800837
 新型インフルエンザ対策を議論している与党プロジェクトチームは8日、世界保健機関(WHO)緊急委員会委員の田代眞人国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センター長を招き、会合を開いた。座長の川崎二郎元厚生労働相は会合後に記者会見し、田代センター長が「WHOが警戒レベルをフェーズ6に上げる可能性が高い」との見解を示したと話した。
 川崎座長によると、田代センター長は、ヨーロッパで感染者が増え、感染ルートが特定できない状態になった場合はフェーズ6に上がるのではないかと話したという。

|

« WHO、途上国への拡大に懸念 新型インフル、南半球の冬を前に | トップページ | ProMED情報 感染症ML ProMED日本語訳 »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511057/29507923

この記事へのトラックバック一覧です: 「フェーズ6の可能性大」=WHO田代委員が与党PTに見解-新型インフル:

« WHO、途上国への拡大に懸念 新型インフル、南半球の冬を前に | トップページ | ProMED情報 感染症ML ProMED日本語訳 »