発生したら病院は?

病院の治療体制崩壊とトリアージ

重症の入院患者さんが増え続け、治療にあたる医療関係者と
医療物資が不足してきた場合には治療体制の崩壊を避ける為、
助かる患者さん優先のトリアージが行われる可能性があります。
この場合のトリアージ後の治療は、重症だが治療すれば
助かる見込みの高い患者さん最優先になります。
治療しても助かる見込みの低い患者さんは不本意ですが
治療を中断して医療資源を他患者さんに集中させます。

この医療体制の崩壊を防ぐためにも各家庭で
自主的な自宅待機をして不特定多数との接触を避け
できるだけ感染者を増やさないようにしましょう。
そのためにも備蓄は十分に準備しておきましょう。
発生初期から流行のピークを過ぎて、ある程度、感染者数が
落ち着くまで外出を控えましょう。
流行のピークを作らず、感染者数がなだらかな曲線になれば
医療体制も機能できる可能性が高くなります。
病棟内でのトリアージも行わないで済むかもしれません。

鳥及び新型インフルエンザ海外直近情報集より
http://homepage3.nifty.com/sank/index.html
3月25日
Guidelines for Epidemics: Who Gets a Ventilator? New York Times, United States(米国)
パンデミックガイドライン:誰がレスピレーターにつながる
http://homepage3.nifty.com/sank/jyouhou/BIRDFLU/2008/3tukino1.html

新型インフルエンザ 医療現場の課題
http://kumanichi.com/iryou/kiji/kansen/74.html

パンデミックフルーNo.4
http://ubcom.info/ipt/blog_detail5.php?no=69

災害時のトリアージですが分かりやすく説明してあります。

やればできる!やらねばならぬ!――市民による災害医療とレスキュー隊
http://www.news.janjan.jp/living/0511/0511070853/1.php

自然災害発生時における医療支援活動マニュアル
http://www.imcj.go.jp/shizen/index.html

| | トラックバック (0)

発生したら病院は?

持病のある人は事前に主治医の先生に相談してください。

薬を少し多めに出してもらっておきましょう。

定期的な通院が必要な人は電車、バスを使わない方法を考えておきましょう。

簡単なケガ、腹痛などのために常備薬をチェックして揃えておきましょう。

国内で発生したら地元保健所に電話相談窓口が設置されます。

発症かも?と思ったら電話で指示を受けてください。

学校、体育館などに発熱外来センターが設置され診察、薬の処方を受けます。

軽症者は自宅療養、重症者は入院と、症状によりトリアージ

されます。

発熱センターはマスク配布、窓を開ける、患者間の距離をとるなど

の方法で安全を確保されます。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/pdf/09-06.pdf

184 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2007/12/13(木) 01:35:24 ID:jMZVx2z00
>177
とりあえず、都道府県が発熱外来を設置する。発熱した患者をそこに全部回すということ
になっている。そこでのトリアージを受けないと、一般病院にかかれないことにしようという
案も一部の府県では囁かれている。病院へのアクセスは大きく制限されると考えた方がいいと思う。
だからこそ、感染防禦をすることが大切なんだ。俺がウイルスを不活性化する薬剤をおす
すめしたのはそこらへんが理由。

189 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2007/12/13(木) 01:42:25 ID:jMZVx2z00

発熱外来を設置して強制トリアージにする理由の一つとして、そうでもしないと、透析など
死活的な医療の必要性がある患者さんがかかる病院が確保できないからというのがあげ
られているんだよね。

288 :名無しさん@八周年 :2007/12/13(木) 05:58:08 ID:lyuyQyw20
>>193
病棟フロアを新型インフルエンザ患者とその他患者で分ける。
出入り口、病院内の移動ルートも別にして対処する。
ある程度以上の患者数になると軽症患者は自宅療養となる。

408 :名無しさん@八周年 :2007/12/15(土) 09:54:41 ID:YEO1NXwR0
>>302
今からタミフルと病院があてにならないと思いこまないで下さい。
タミフルは新型インフルエンザにも有効の可能性は高く、
重症化を防ぎ感染力を低下できるでしょう。
あなたが自宅で重症化してもすぐに救急車は来ないかもしれません。
重症化で病院での治療が必要になったら、それだけ病院の人的、物資資源を使うことになります。
その分、他の元からハイリスク患者さんたちに影響するでしょう。
結局、全体の死亡率を上げることになりかねません。
上記のことも入れてもう一度考えてみて下さいね。

|