隔離されるの?

国内発生初期の行動制限

新型インフルエンザを封じ込められる可能性が高い国内発生初期に

患者接触者など一定条件の人、地域(道1本単位になるかもしれません)

に自宅待機などの行動制限が入ります。

タミフルの予防投与が受けられます。

定期的な医学チェックが受けられます。

食事、生活必需品などは支給されますが、好みの物の

入手は時間が掛るかもしれません。

落ち着いて指示に従いましょう。

日本のワクチン生産能力ではパンデミックワクチンは

一日に数十万人分生産できます。

数日でも発症者数を押さえられればやる価値はあります。

病院が治療体制をととのえることもできるでしょう。

新型インフルエンザ発生初期における早期対応戦略ガイドラインより-厚生労働省http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/pdf/09-05.pdf

ひとたび新型インフルエンザが発生し、仮に何も対策を講じなかった場合、瞬く間に 感染は拡大し、医療サービス・社会機能の破綻を伴うような甚大な被害が生じる可能性が想定される。早期対応戦略の最終的な目標は、医療サービスや社会機能を維持し被害を最小化することにあり、感染拡大抑制を図ることで、可能な限り流行のスピードを緩め、その間にワクチンの開発・製造を急ぐことが重要である。

|