日本政府からのお知らせ

厚生労働省:医療、学校などの運用指針を発表

インフル 軽症患者は自宅療養
http://www.nhk.or.jp/news/k10013736771000.html
厚生労働省は、新型インフルエンザ対策の新しい運用指針を19日公表し、原則、すべての医療機関で患者の診療を行い、重症化するおそれのある人が確実に入院治療を受けられるよう症状が軽い患者は自宅療養に切り替えることを決めました。

これまでの国の運用指針では、国内を「急速に感染者が増加している地域」と「感染者が少ない地域」に分け、感染者が少ない地域では「発熱外来」で診療し、患者は全員入院させて感染の防止を徹底するとしてきました。しかし、国内国外で感染者が増え続け、事実上感染の拡大を防ぐことが難しくなったことから、新しい指針では、これまでの地域分けを廃止し患者の重症化を防ぐ対策に重点を移すとしています。具体的には、患者の診療は院内感染を防ぐ対策をとったうえで、原則、すべての医療機関で行い、重症化するおそれのある人が確実に入院治療を受けられるよう症状の軽い患者は自宅療養に切り替えます。これに伴い、かかりつけの医師がいる人は受診の前に自治体が設ける「発熱相談センター」に連絡をする必要がなくなります。また、インフルエンザ治療薬の予防投与は、妊婦や糖尿病の患者など重症化するリスクの高い人に対象を絞ります。さらに、すべての感染者の把握をやめ、学校での集団感染やウイルスの毒性の変化など、大流行を防ぐための情報収集を強化するとしています。一方、検疫所で行っているウイルスの遺伝子検査は、入国者に集団感染の疑いがある場合に限定します。厚生労働省は、準備が整いしだい、順次対策を切り替えることにしています。

厚生労働省:医療の確保、検疫、学校・保育施設等の臨時休業の要請等に関する運用指針(改定版)
http://www-bm.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/2009/06/0619-01.html

| | トラックバック (0)

H1N1豚インフルエンザ公式情報サイト集

公式情報が基本です。

人の不安を煽る話を聞いても、冷静に公式発表を待ちましょう。

豚インフルエンザへの対応 首相官邸
http://www.kantei.go.jp/jp/kikikanri/flu/swineflu/index.html

外務省海外安全ホームページ
http://www.pubanzen.mofa.go.jp/

感染症情報センター 豚インフルエンザページ
http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/index.html

厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/

在メキシコ日本大使館:【緊急】インフルエンザに関する情報
http://www.mx.emb-japan.go.jp/index-jp.htm

在米日本大使館
http://www.us.emb-japan.go.jp/j/html/file/index.html

| | トラックバック (0)

感染症情報センター:新型インフルエンザA/H1N1に対する個人における対応 2009年5月2日

新型インフルエンザA/H1N1に対する個人における対応 2009年5月2日
http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/2009who/09who17.html

| | トラックバック (0)

外務省:渡航情報:感染者数

新型インフルエンザの発生(豚インフルエンザ(H1N1亜型)の感染状況について)
http://www.pubanzen.mofa.go.jp/info/info.asp?num=2009C135
送信日時:2009/04/29
情報種別:広域情報

<>
新型インフルエンザの発生(豚インフルエンザ(H1N1亜型)の感染状況について)
本情報は、海外に渡航・滞在される方が自分自身の判断で安全を確保するための参考情報です。本情報が発出されていないからといって、安全が保証されるというものではありません。
本情報は、法令上の強制力をもって、個人の渡航や旅行会社による主催旅行を禁止したり、退避を命令するものでもありません。
海外では「自分の身は自分で守る」との心構えをもって、渡航・滞在の目的に合わせた情報収集や安全対策に努めてください。
1.2009年4月28日、世界保健機関(WHO)は、メキシコ、米国等において発生し
ていた豚インフルエンザ(H1N1亜型)について、ヒトからヒトへの感染がみら
れる状態となったとして、インフルエンザのパンデミック警戒フェーズを現在
のフェーズ3から4へ引き上げました。
 メキシコについては、2009年4月28日付で感染症危険情報を発出していますの
で、メキシコへの渡航を予定している方は、不要不急の渡航は延期してください。
また、メキシコ滞在中の方は、不要不急の外出は控え、十分な食料・飲料水の
備蓄とともに、安全な場所にとどまり、感染防止策を徹底してください。なお
、今後は出国制限が行われる可能性又は現地で十分な医療が受けられなくなる
可能性がありますので、メキシコからの退避が可能な方は、早めの退避を検討
してください。

 感染が確認された又は疑いがある旨政府当局またはWHOが発表した国は以下の
通り(6カ国)です。メキシコを除き、各国とも死亡者はありません。

  メキシコ
   感染者数    26人(うち 7人死亡)(4/27 WHO発表)
   感染疑い者数 1,995人(うち149人死亡)(4/27 メキシコ政府発表)
  米国
   感染者数    41人 (4/27 WHO発表)
   感染者数    64人(4/27 CDC(米国疾病管理予防センター)発表)
  カナダ
   感染者数     6人(4/27 WHO発表)
  スペイン
   感染者数     1人(4/27 WHO発表)
   感染疑い患者  20人(4/27 スペイン保健・社会政策省)
  英国
   感染者数     2人(4/27 英国保健省)
   感染疑い者数  25人(4/27 英国保健省)
  フランス
   感染疑い者数   4人(4/26 フランス保健省)

 その他、4月28日現在、感染疑いがある国・地域は以下のとおり(18ヶ国・地
域)です。
 タイ、韓国、香港、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、イタ
リア、スイス、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フランス、ベルギー
、イスラエル、アルゼンチン、グアテマラ、コロンビア、ブラジル、ペルー

2.新型インフルエンザとは、動物のインフルエンザウイルスがヒトの
体内で増えることができるように変化し、継続的にヒトからヒトの感染がみら
れるようになったもので、このウイルスが感染して起こる疾患を新型インフル
エンザといいます。
 今般、メキシコや米国等で感染が確認された豚インフルエンザ(H1N1亜型)
は、「感染症の予防及び感染症の患者に対する法律」第6条7号に規定する新型
インフルエンザ等感染症に位置づけられたところです。

3.豚インフルエンザがヒトに感染した場合、発熱、倦怠感、食欲不振、咳など
、通常のインフルエンザ症状があらわれます。また、鼻水、咽頭痛、吐気、嘔
吐や下痢などの症状を訴える患者もいます。

3.感染防止策
 下記の点に留意し、感染防止に努めてください。
(1)十分な水・食糧の備蓄を行い、不要不急の外出は控える。
(2)外出する際は人混みを避ける。また、咳やくしゃみ等による感染を防ぐた
め、マスクを着用する。
(3)積極的に手洗いやうがいを行う。
(4)ウイルスは粘膜を介して感染するので、口、鼻、目などの粘膜部分に手で
触れない。
(5)発熱や咳などインフルエンザと似た症状がみられた場合には、現地の医療
機関を受診する。

3.帰国時に高熱、咳症状がみられる場合には検疫所の健康相談室にお申し出く
ださい(帰宅後に同様の症状が現れた場合には、最寄りの保健所に相談し、感
染地域に渡航していた旨をお知らせください。)。

(問い合わせ先)
 ○外務省豚インフルエンザ相談窓口
  電話:(代表)03-3580-3311 (内線)4625、4627、4629
 ○外務省領事局海外邦人安全課
  電話:(代表)03-3580-3311 (内線)5140
 ○外務省海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp/
        (携帯版):http://www.anzen.mofa.go.jp/i/

(関連ホームページ)
 ○厚生労働省ホームページ(新型インフルエンザ対策関連情報)
   http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkkaku-kansenshou04/index.html
 ○世界保健機関(WHO)ホームページ(豚インフルエンザ関連)
   http://www.who.int/csr/disease/swineflu/en/(英語)
 ○農林水産省ホームページ(新型インフルエンザ関連情報)
   http://www.moff.go.jp/j/zyukyu/anpo/buta.html
別添資料
なし

| | トラックバック (0)

舛添厚生労働大臣:新型インフルエンザ発生を宣言

厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html
国民の生命と健康を守るため
万全の対策を講じていきます。
「日本時間の4月27日23時、WHOにおいて専門家による緊急委員会が開催され、その結果を踏まえて公表されたWHO事務局のステートメントの中で、継続的に人から人への感染がみられる状態になったとして、フェーズ4宣言が正式になされました。

こうした事態を受け、厚生労働省としては、メキシコ、アメリカ、カナダにおいて、「感染症の予防及び感染症の患者に対する法律」に規定する新型インフルエンザ等感染症が発生したことを、ここに宣言します。

今後は。同法や検疫法に基づき、新型インフルエンザのまん延防止のため必要な措置を講じていくとともに、「新型インフルエンザ対策行動計画」等に則って、関係省庁と密接に連携しながら、国民の生命と健康を守るため、万全の対策を講じていくこととしております。」

            厚生労働大臣 舛添要一

| | トラックバック (0)

首相官邸:豚インフルエンザへの対応

豚インフルエンザへの対応 首相官邸
http://www.kantei.go.jp/jp/kikikanri/flu/swineflu/index.html

| | トラックバック (0)

外務省:メキシコ:H1N1亜型豚由来インフルエンザの発生について(注意喚起:その3)

最新情報は必ずリンク先でご確認ください。

海外安全ホームページhttp://www.pubanzen.mofa.go.jp/

外務省:メキシコ:H1N1亜型豚由来インフルエンザの発生について(注意喚起:その3)
http://www.pubanzen.mofa.go.jp/info/info.asp?num=2009C133
送信日時:2009/04/27
情報種別:渡航情報(スポット)

メキシコ:H1N1亜型豚由来インフルエンザの発生について(注意喚起:その3) 
※ 本情報は、海外に渡航・滞在される方が自分自身の判断で安全を確保するための参考情報です。本情報が発出されていないからといって、安全が保証されるというものではありません。
※ 本情報は、法令上の強制力をもって、個人の渡航や旅行会社による主催旅行を禁止したり、退避を命令するものでもありません。
※ 海外では「自分の身は自分で守る」との心構えをもって、渡航・滞在の目的に合わせた情報収集や安全対策に努めてください。

1.4月25日、メキシコ政府は、今次豚インフルエンザの発生に関し、以下
 の措置を採ることを決定し、即日施行されました。
(1)発症及び感染の疑いのある患者の隔離、行動の制限

(2)ウイルスを保有している疑いのある旅行者及び同旅行者の荷物、交通
  手段、商品等に対する検疫の実施

(3)感染拡大防止のために必要なすべての建物および家宅への立ち入り

(4)陸上、海上、航空交通の統制および政府の交通手段の自由な往来の確
  保

(5)明確かつ適切なタイミングで必要な情報を発信できるよう、電話、電
  信、郵便、ラジオ・テレビ放送を自由かつ優先的に利用するための指針
  の設定

2.また、WHOは25日、専門家による緊急委員会会合を開催し、マーガレッ
 ト・チャンWHO事務局長は、今回の豚インフルエンザの発生について「国
  際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態に該当する」との認識を示しま
  した。

3.つきましては、メキシコに渡航を予定されている方は、引き続き現地の
 最新情報の入手に努めつつ、事態が沈静化するまでの間、渡航の是非につ
 いて検討してください。また、メキシコに滞在されている方は、上記メキ
 シコ政府の措置を念頭に置きつつ、引き続き以下の点に留意し、衛生管理
 及び感染予防に努めてください。
(1)十分な水・食糧の備蓄を行い、不要不急の外出は控える。

(2)外出する際は人混みを避ける。また、咳やくしゃみ等による感染を防
  ぐため、マスクを着用する。

(3)積極的に手洗いやうがいを行う。

(4)発熱や咳などインフルエンザと似た症状がみられた場合には、迷わず
  現地の医療機関の診療を受ける。

4.4月24日より、メキシコ市国際空港において、出国者に対して健康申告
 書の提出を義務づけています。

5.また、帰国時に高熱、咳症状がみられる場合には検疫所の健康相談室に
 お申し出ください(帰宅後に同様の症状が現れた場合には、最寄りの保健
 所に相談し、感染地域に渡航していた旨をお知らせください。)。

(問い合わせ先)
 ○外務省領事局政策課(豚インフルエンザ相談窓口)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5370、5375、2331
 ○外務省領事局海外邦人安全課
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
 ○外務省海外安全相談センター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp/
              http://www.anzen.mofa.go.jp/i/ (携帯版)
 ○在メキシコ日本国大使館
  住所:Paseo de la Reforma No.395, Col. Cuauhtemoc,
      06500 Mexico, D.F., Mexico
  電話: (52-55) 5211-0028
  FAX : (52-55) 5207-7743
 ○厚生労働省ホームページ
   http://www.mhlw.go.jp/
 ○Swine influenza(世界保健機関〔WHO〕)
   http://www.who.int/csr/disease/swineflu/en/ (英語) 
別添資料
なし 

| | トラックバック (0)

帰国後10日以内の従業員の発熱、保健所に連絡を、厚労省が豚インフル対策

帰国後10日以内の従業員の発熱、保健所に連絡を、厚労省が豚インフル対策
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20090427/149479/

厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/

海外安全ホームページ
http://www.pubanzen.mofa.go.jp/

| | トラックバック (0)

メキシコへの渡航、再検討を=外務省

最新情報は必ず下記サイトでお確かめください。

メキシコへの渡航、再検討を=外務省
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090425-00000110-jij-pol
 外務省は25日、メキシコでの豚インフルエンザ感染拡大を受け、事態が沈静化するまでの間、同国への渡航の是非について再検討することなどを求める渡航関連情報を出した。在留邦人に対しては、十分な水・食料の備蓄や外出時のマスク着用などを励行するよう注意喚起し、同国から帰国後に高熱などの症状が出た場合は保健所に相談するよう要請している。

外務省海外安全ホームページhttp://www.anzen.mofa.go.jp/

メキシコ:H1N1亜型由来豚インフルエンザの発生について(注意喚起:その2)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info.asp?num=2009C132
送信日時:2009/04/25
情報種別:渡航情報(スポット)

メキシコ:H1N1亜型由来豚インフルエンザの発生について(注意喚起:その2) 
※ 本情報は、海外に渡航・滞在される方が自分自身の判断で安全を確保するための参考情報です。本情報が発出されていないからといって、安全が保証されるというものではありません。
※ 本情報は、法令上の強制力をもって、個人の渡航や旅行会社による主催旅行を禁止したり、退避を命令するものでもありません。
※ 海外では「自分の身は自分で守る」との心構えをもって、渡航・滞在の目的に合わせた情報収集や安全対策に努めてください。

1. 4月25日現在、メキシコにおいてインフルエンザと似た症状を示す比較的
重い呼吸器疾患が流行しています。メキシコ厚生大臣は記者会見で、これまで
メキシコ全国で1,004人の症例があり、4月23日までに68人が死亡(うち、20人
の死因がインフルエンザであることを確認済み)していること及び以下の対策
をとったことを発表しました。なお、死亡した20人の地域別内訳は、メキシコ
市13人、サン・ルイス・ポトシ州4人、バハ・カリフォルニア州2人、オアハカ
州1人とされています。
(1)メキシコ政府は100万人分の抗インフルエンザウイルス薬を備蓄しており
、インフルエンザと診断された患者に投与する。
(2)マスクの配布を開始する。
(3)豚肉を摂取してもウイルス感染はしない。
(4)週末も病院での診察が可能となるようにした。
(5)メキシコ市では、公的行事、宗教行事、サッカーの試合等、多くの人が集
まる行事を中止した。
 また、WHOによれば、メキシコにおける症例は、動物のインフルエンザウイル
スが人に感染した症例であること、地理的に離れた場所で流行が広がっている
こと、通常みられない年齢層が罹患していること等から、これらの事例は非常
に危惧される事例です。

2.つきましては、メキシコに渡航を予定されている方は、報道等より現地の最
新情報の入手に努めつつ、事態が沈静化するまでの間、渡航の是非について検
討してください。また、メキシコに滞在されている方は以下の点に留意し、衛
生管理及び感染予防に努めてください。
(1)十分な水・食糧の備蓄を行い、不要不急の外出は控える。
(2)外出する際は人混みを避ける。また、咳やくしゃみ等による感染を防ぐた
め、マスクを着用する。
(3)積極的に手洗いやうがいを行う。
(4)発熱や咳などインフルエンザと似た症状がみられた場合には、迷わず現地
の医療機関の診療を受ける。

3.4月24日より、メキシコ市国際空港において、出国者に対して健康申告書の
提出を義務づけています。

4.また、帰国時に高熱、咳症状がみられる場合には検疫所の健康相談室にお申
し出ください(帰宅後に同様の症状が現れた場合には、最寄りの保健所に相談
し、感染地域に渡航していた旨をお知らせください。)。

(問い合わせ先)
 ○外務省領事局政策課(海外医療情報)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2850
 ○外務省領事局海外邦人安全課
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
 ○外務省海外安全相談センター
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 〇外務省ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp/
            携帯版:http://www.anzen.mofa.go.jp/i/
 ○在メキシコ日本国大使館
  所在地:Paseo de la Reforma No.395, Col. Cuauhtemoc,
      06500 Mexico, D.F., Mexico
  電話:(52-55)5211-0028
  FAX:(52-55)5207-7743
 ○鳥インフルエンザに関する情報(厚生労働省)
   http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou02/index.html
 ○海外渡航者のための感染症情報(厚生労働省検疫所)
   http://www.forth.go.jp/
 ○高病原性鳥インフルエンザ(国立感染症研究所感染症情報センター)
   http://idsc.nih.go.jp/desease/avian_influenza/index.html
 ○鳥インフルエンザに関する情報(農林水産省)
   http://www.maff.go.jp/tori/index.html
 ○Avian influenza(世界保健機関〔WHO〕)
   http://www.who.int/csr/disease/avian_influenza/en/

別添資料
なし 

参考資料

Q2 大使館(日本政府)が発出する渡航情報はどのようなものですか。
http://www.id.emb-japan.go.jp/bflu_eojqa.PDF

| | トラックバック (0)

厚生労働省:メキシコ及び米国におけるインフルエンザ様疾患の発生状況について

最新情報は必ずリンク先でお確かめください。

厚生労働省:メキシコ及び米国におけるインフルエンザ様疾患の発生状況について
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2009/04/h0425-1.html

厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/

| | トラックバック (0)