情報提供係 ◆J/Mju4Qndoさんによる備蓄呼びかけ

情報提供係 ◆J/Mju4Qndoさんによる備蓄呼びかけ

554 :名無しさん@八周年 [sage] :2007/12/12(水) 00:04:15 ID:kE9HqRaA0
これ、免疫機能が暴走するのね。強毒型トリインフルエンザ
H5N1型が人間に感染した場合の前例だけどね。
その場合、20代30台の致死率が最も上がるんだよ。
前のスペイン風邪の時も20代女性の致死率は
8割を超えたという研究成果があるんだ。
つまり、これはじいちゃんばあちゃんの問題じゃないんだ。
俺らの問題なんだよ。

573 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2007/12/12(水) 00:14:00 ID:kE9HqRaA0
問題はやはり食料なんだよ。物流の大幅制限が行われる。
空輸は、福岡・関西・成田、、あとどっか1つの港に集約。
海運も神戸と横浜に集約で、残りの国際航路は最悪閉鎖される。

581 : 情報提供係 ◆J/Mju4Qndo[sage] :2007/12/12(水) 00:19:52 ID:kE9HqRaA0
>568
凄い量になったし、冬の賞与が結構飛んだけどな。
でも家族に対する責任がある。
オレは仕事でこの問題扱っている人間だからね。

583 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2007/12/12(水) 00:22:07 ID:kE9HqRaA0
>579
そりゃもっともだ。ただ、ウイルス量が爆発的に多い時期を
避けられて、ある程度時間を稼げた場合、
パンデミックワクチンの製造が間に合う可能性が出てくる。
俺はその可能性にかけたいと思っているんだ。

595 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2007/12/12(水) 00:31:37 ID:kE9HqRaA0
>592
あらゆるリスクは発生確率と発生した場合のダメージ度の
大きさで計られる変数だ。
暴徒に襲われる可能性も死体が転がる可能性も消防士が
全滅する可能性ももちろんある。
だが、食料がなくなるリスクが今のところ一番高い。
消防士・警察官・自衛隊員・国会議員・中央官庁の官僚などには、
最優先でパンデミックワクチンが投与されるし、
リレンザなりタミフルの予防投与も行われるから、
公共サービス が全滅するリスクの蓋然性は比較的低いと判断している。

602 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2007/12/12(水) 00:41:19 ID:kE9HqRaA0
>596
普通に流行しているインフルエンザであれば、暖かくして寝ているしかない。
勿論37度38度の熱で済む人もいる。
今言われている脅威はトリインフルエンザが変異を繰り返し、
強毒性の性質を保持したまま人<>人の感染をしてしまう
インフルエンザになってしまったのではないかということだ。
この脅威は何年も前から言われてきた。導火線に火のついた爆弾と言われてきた。
年々導火線は短くなっているとも。今年炸裂する可能性がかなりある。
あと遺伝子が1つ2つ変われば、人間に感染する性質になる。
この新型インフルエンザにかかった場合、未知の病原体であるから、人間には免疫がない。
よってほぼ100%高熱が出るし、血液中でウイルスが爆発的に増えてとんでもないことになる。

681 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2007/12/12(水) 01:38:03 ID:kE9HqRaA0
あと、もう1つあるな。これはみんなが驚くかもしれんから、情報提供しておく。
パンデミックが発生した場合、世界の生命保険会社は連帯して
絶対にびた一文死亡保険金を支払わない可能性がある。
約款をよく読むと書いてある。「疫病の場合は免責」って。
新型インフルエンザはもちろん疫病だからね。
だから、中小企業がばたばたいくかもしれないんだよな。
社長が死んだのに、保険金おりないとまずい会社沢山あるだろ?

756 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2007/12/12(水) 02:13:50 ID:kE9HqRaA0
>745
篭る目的をもう一度考えてみよう。
とりあえず大流行時、空気中にハンパじゃない量のウイルスが
いるときだけ乗り切れれば、いいんだよ。数年篭るなんて神様じゃないんだ。岩戸に入るんじゃあるまいしw

165 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2007/12/13(木) 01:06:44 ID:jMZVx2z00
>157
おっしゃるとおり。一人一人がきちんと準備することができれば
本当に大きい。それで、救護が必要な人間が減ることになるから。
何度も言っているが、まず食料だ。罹患率が25%と
仮定したとしても欠勤率はそれを措置がとられるからだ。
具体的には保育園や小学校が閉鎖される。
そうすると、物流を支えているパート・アルバイトのおばちゃんたちも出勤できなくなる。
これが日本の物流にどれだけの影響を及ぼすかは想像に難くないはずだ。

180 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2007/12/13(木) 01:29:52 ID:jMZVx2z00
>175
うん、あまりの予想被害の大きさに思考停止になるのはよくあることだ。
一つ一つ片付けていくようにしよう。
まず、食料の話ね。これは最低でも3週間分、できれば8週間分の食料を備蓄すること。
水道についてはそれほど心配はしていない。
日本人なら、まず米を確保する人が多いだろうけれども。
次に、ウイルスから身を守ることを考えよう。
まず、家族全員手洗いとうがいを必ず励行する。
手洗いのやり方はいろいろあるが、1分はかかる(きちんと洗うとね)。
あと、マスクと手袋。万が一かかってしまった家族が出た場合、
このウイルスは糞便や尿、嘔吐物にも混じるから、処理に必要になる。
マスクも手袋も、もったいないとか使いまわすという発想をしないこと。
となると、ある程度まとまった数が必要なことは分かるよね?
あとは、ネットを通じて正確な情報を頭に入れて行動することだ。
事態を想像するのではなく、自分が毎日の生活の中で
やっていることをどのように継続していくかを考えるようにすると、
自然と対策がでてくる。

438 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2007/12/13(木) 22:37:08 ID:jMZVx2z00
そうだ、こないだ損保会社の社員から面白い話聞いたんだ。
普通の日本人が普通に日常生活で乗用車を使うとした場合、
20年の間に事故を起こしてしまう確率は約10%だそうな。
それでも必ず任意保険は入るよな?
新型インフルエンザや地震災害といったリスクは、
隕石が落ちてくるとかバイオテロリズムが広範に行われてしまう
といったリスクシナリオに比べたら、過去何度となく起きているわけで、
損保屋としては、なぜそれに対応しようとしないのかは理解できないと言っていた。
まあ、俺は「何を言ってやがる、どーせお前のところは
約款持ち出して、これは免責ですって言いはりゃ済む話だろ? 
訴訟になったって10年タームで戦えばいいだけだ。
損保屋のディープポケットっぷりには恐れ入るわ」と返事したが。

659 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2007/12/16(日) 10:04:51 ID:WxW+fiPF0
>637
それに付け加えて、ティッシュなどのグロサリー品は
少しづつ買い足しておいた方が無難だぞ。
なんせまた商社系がろくでもないことしてるようだからな。
ほんとに40年前と進歩がねえわな。何がCSR経営だ。

905 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2007/12/16(日) 21:31:39 ID:WxW+fiPF0
起きてから慌てるのではなく、準備しておいて、起きなくて良かったと安堵する。
結局準備は無駄になる。だが、これは価値ある無駄だ。
このことが分からん人が多いんだ。
準備しても起きなかったらどうしてくれるのかという
言い方をする人が少なくない。起きるか起きないか分からないからリスクなんだ。
実際に起きてしまってからでは全く遅いんだ。

838 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2007/12/16(日) 18:28:11 ID:WxW+fiPF0
>743
パニックが一番怖いというのは本当に同感だ。
だから、俺はここで情報を提供しつづけることにする。
あと、食料を備蓄するよう呼びかけつづける。
人間食えなくなったときにどこまでの蛮行をやらかしてしまうかに
ついては、既に歴史が雄弁に語ってくれている。

934 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2007/12/16(日) 22:53:48 ID:WxW+fiPF0
>910
その懸念はもっともなんだ<消費期限切れになりかねない
ただ、もう1つ持つべき懸念として、不意に大発生が起きた場合、
日本人得意のスタンピードを起こしてしまう可能性がある。
とすると、一気に必要な物資が品切れになる可能性があるし、
値も上がる可能性がある。小売店が何を言おうと問屋が出さなきゃそれまでだ。
商社は、また何かやろうとしているようだしな。
また、地検から「勉強会」の呼び出しがあるまであいつらやるぞ、きっと。

165 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2007/12/13(木) 23:50:47 ID:jMZVx2z00
そりゃまさに関係ないだろ。地震災害の場合は、他の地域から
応援がくるまで概ね3日かかるとされているから、
その間は自分でどうにかしろと言われてるんだ。
この疫病の場合は、空気感染するため、広範囲に広がるから、
他の地域からの応援というものが期待できない可能性がある。
それを念頭においた2ヶ月の備蓄って話だぞ。

207 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2007/12/14(金) 00:04:57 ID:rsSQJVD60
対応するリスクによって、対策が変わってくるのは当たり前のことだ。
アメリカでは国家安全保障会議が取り扱っている話だぞ、これは。
核戦争並みの体制と予算で対策してる。
日本の対応は遅きに失するぐらいなんだ。

419 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2007/12/14(金) 01:15:52 ID:rsSQJVD60
>407
そう言う意見があったんだけど、10月26日だか27日だかの閣議決定で話が変わったぞ。
内閣総理大臣がパンデミック緊急対策本部長になって、
パンデミック緊急事態を宣言するって新型インフルエンザ対策行動計画に明記してある。
「パンデミック緊急対策本部」ってのが災害対策基本法上の
「緊急災害対策本部」の諸規定を準用するものなのかどうかが
分からないけれども。準用するとしたら、ほぼ戒厳令に近い

341 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2007/12/15(土) 01:54:46 ID:eyUMmfPq0
>328
社会インフラが止まる可能性はあるが、対処の優先順位としては
比較的低い。
理由は、社会インフラの維持に従事する職員には、
優先的にプレパンデミックワクチンやタミフルの投与が行われること、自動化がだいぶ進んできていること、
第一波で感染した
けれども快癒した人が第二波、第三波の際には出勤できることなどを
考え合わせると、完全に止まってしまう可能性は比較的少ない。

344 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2007/12/15(土) 02:05:03 ID:eyUMmfPq0
>333
輸入が止まるとは限らないんだが、国内の物流が混乱する可能性が高い。
1:輸出入港が2つに限定される。
2:輸出入空港が4つに限定される。
3:検疫所の職員には数に限りがある。
4:物流企業の多くがパートに頼っている。
この4つの要因でね。罹患率を大幅に上回る欠勤率になる可能性が高い。

あと、フェーズ4>5>6と順番に上がっていくとは限らない。
フェーズ3の段階で、一気に人間への適応をウイルスが済ませてしまった場合は、一時にフェイズ6にまでいっちまう可能性もある。

423 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2007/12/15(土) 10:37:48 ID:eyUMmfPq0
>370
国や文明が破壊されるような災害にはならない。
我々も今必死に対策をしている。
日本でも政治・経済・行政の各界が必死に対策行動を進めている。
世界中の国々のうち、先進国は我々よりはるかに進んでしまっているが。
厚生労働省が年金で死にそうなので、対策が先にすすんでいないのが痛いけれども。

425 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2007/12/15(土) 10:49:28 ID:eyUMmfPq0
アメリカでもイギリスでも、必死に対策を進めている。
恐怖心による詐欺商法ではない。
http://www.pandemicflu.gov/takethelead/full_toolkit.pdf
こんなのも作られているぐらいだ。
これは合衆国の厚生省のものだけれども。
現に今年起きていないじゃないか!という愚劣な反論が来そうだが、
起きる可能性があり、かつ起きた場合の被害が甚大であれば、
それは対策に価するんだ。リスクの問題だからね。
実際起きたのなら、それはもはやリスクではなく、クライシスだ。
危機管理の段階に移行してから、物資を購入しようとするのは相当難しいぞ。

881 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2007/12/16(日) 00:26:57 ID:WxW+fiPF0
大企業の対策は進んでないよ。どこもかしこも先月から始めたぐらいだ。
3年以上前から対策していた我々はさんざんドンキホーテだの
死ぬ死ぬ詐欺だの言われてきたけどな。
国内主要企業の中で、まあ国際的な基準に達した対策を打っていると言えるのは10社ぐらいのもんじゃないか。

403 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2007/12/17(月) 23:19:29 ID:f1axmeBq0
立てこもるって用語を不用意に使ったかなと思っている。
ここで訂正しておく。
不要不急の外出を可能な限り避け、かつ、パンデミックが
発生した場合に容易に想像される食糧リスクに対する備えと
しての備蓄だ。窓を締め切って隙間をテープでふさぐなんてのは愚の骨頂であることは貴見の通り。

270 :名無しさん@八周年 [sage] :2007/12/21(金) 16:46:05 ID:TgtBUi+00
>>213
食品会社は市場在庫と同じ数量を生産するのに1ヶ月かかると
いわれてる。
何かが起こって一斉に買い上げられてしまったら、
品薄が相当期間継続するのは「あるある効果」で実証済み。

297 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2007/12/21(金) 21:36:03 ID:ymDUeuMB0
>277
私個人は8週間程度の食糧備蓄が最低でも必要であると
判断しております。
これは、WHOがパンデミックを宣言し、かつ日本国内で
まだ新型インフルエンザの侵入がみられず、
もしくは、いまだ限られた地域での感染しか見られない場合、
日本国政府が取ると判断される緊急処置に対応するためのものです。

日本国政府の新型インフルエンザ対策行動計画によれば、
いわゆるフェーズ4Aの状態になった場合、
必要に応じて国土交通省は、国際海上物流の受け入れを2港に
国際航空物流の受け入れを4港にそれぞれ限定することがあるとしています。

貴方であればご存知かもしれませんが、日本の食糧自給率は
合衆国やオーストラリアに比較して驚くべき低さです。
海上物流をここまで制限した場合
(平時であれば国際貨物を扱っている港はこの20倍以上あります)、
日本国に対する食料輸入は重大な困難に直面します。

貴方ご案内のとおり、国情に応じて、必要とされる
備蓄の期間は大きく異なります。そして、上記の事情に照らして、
日本国内においては、最低8週間の備蓄が必要であると判断したものです。
もちろん、インフルエンザの流行の波の一つ一つは
2週間程度でやり過ごせると判断されますが、
国際海上物流の現況と日本の食料輸入の現況から考えて、
一度とめてしまった食料輸入の再開には
最低4週間程度を要すると判断しています。

食料消費量の誤差値と価格の大幅変動に対する
アブソーバーとしての安全値を併せて考え、
相当慎重な検討を重ねた結果の数値です。ご理解をいただければ幸いです。

309 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2007/12/21(金) 22:48:58 ID:ymDUeuMB0
ついでに、なぜ最低限3週間と推奨したかも書いておく。
8週間必要だと判断してたのに、最低3週間と書いたのはなぜか、
情報提供係も俺らをだまそうとしているとか書かれても対応に困るからな。

これは自分の経験上、3週間を完全に乗り切るだけの
保存食品を備蓄した場合、生鮮食料品などを
随時買い足すことで、8週間程度なら乗り切れるから。

食料輸入が止まったからといって、日本国内で食料品の販売が
いっせいに止まってしまうという想定も考えにくい。
生鮮食料品は暴騰するかもしれんが、入手不可能になるとは考えていない。
ただ、購入にはリスクを伴うね。当然長蛇の列を覚悟しなければならんから

258 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2008/01/09(水) 08:03:20 ID:8Zl4FlHn0>>249
パニックが起きるための要件というのがいくつかある。
1:生命の危険を感じること。
2:今すぐ行動しなければ重大な損害を蒙ると感じさせる事象が起きること。
その他、社会心理学の立場から色々研究されているが、財政の悪化は生命の危険を感
じさせる事象ではない反面、食えないというのはどんな馬鹿でも命が危ないと感じると.

823 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2008/01/09(水) 07:43:43 ID:gmXRqIkC
>822
俺もそれがまともだと思っていた。でも、最近のご家庭の多くはそうでもないらしい。
それこそスーパーが開いてなければ、明日の夕飯どうするよ?というクラスで備蓄が
ないと。一昨年の電通だったか博報堂の調査では、そういう家が約8割だといってた。

611 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2008/01/13(日) 22:41:10 ID:QeGbWji50
>>592
いや、先生、殉職を前提にして感謝されるとか書いてありますから(苦笑)。
通常の場合、そりゃ医療関係者だって出勤しないと思います。そもそも日本看護協会が
もしかしたら出勤拒否の全国指令を発令するかもしれませんしね。
「専門職として、自らの安全が確保されないこのような無謀な行動計画を拒否する権利
があることは論を待たない」とかなんとか言ってさ。

俺は個人的には防衛医官の皆様を総動員するほかないと思っているけれども。
彼らは野戦病院の訓練を常にやっているしな

667 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2008/01/13(日) 22:52:23 ID:QeGbWji50
>>629
彼らは自衛隊員であり、自衛隊法に基づき忠誠の宣誓をしている。普通の医師には命令できないが、
防衛医官に対しては、自衛隊法に基づき命令を発することが出来る。医師は個人の意思で行動できる。
防衛医官は職務離脱すれば自衛隊法違反で逮捕される。全然違うと思うがね

692 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2008/01/28(月) 01:16:10 ID:GOI2RoKx0
食糧備蓄を強く訴える理由は、
1:日本人の性質上、パニックになりやすく、その隙に付け込む商売が成り立ちやすい。
2:政府が迅速に行動すれば、港が閉鎖されるため、輸出入が著しく制限される。
の2つを今まで言ってきましたが、実はもう一つあります。

3:オーストラリア政府の対策行動計画によれば、WHOパンデミックアラートがフェイズ4に
なった段階で、あいつら契約上の義務とか全部放り投げて輸出入を全面停止するつもりだか
ら。
味噌だの醤油だのは、オーストラリア産の小麦なしで作るのは難しいですよ。
オーストラリア・ニュージーランド連合は、防疫に関しては世界でもっとも迅速に行動する国の
一つなので、まず間違いなく実行すると見ています。わが国と真逆ですな。

681 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2008/01/28(月) 01:02:57 ID:GOI2RoKx0
昨夜の番組には驚かされたな。田代先生が出てくるとは思っても見なかったからさ。
ごちゃごちゃ言う奴がいるが、田代先生は、WHOにおいて新型インフルエンザに関する
意思決定に関わる人だから、それなりに発言には重みがあるよ。
とりあえず、落ち着こう。新型インフルエンザはまだ発生していない。
確かに恐るべき脅威になりうる。致死率6割とか聞いたら腰抜かす気持ちも分かる。
だが、本当にそうなるとは限らない。致死率は下がるかもしれない、明日突然福田政権が
とちくるって予備費3500億円の支出を決定し、プレパンデミックワクチンの全国民分製造を
決定するかもしれない。もちろん、致死率は上がるかもしれないし、福田政権は明日にも総
辞職するかもしれんけれども(苦笑)。
起きていないことをとやかく考えても仕方ない。
まず、一つ一つ片付けていくことだ。
最優先は、食料の確保と備蓄だ。次に日用品の備蓄。個人防護具の準備はここに含まれ
る。最後になんかあった場合の家族間コミュニケーション維持の手立ての確立。
これだけやっておけば、たいていのリスクが発生した場合にそれなりの対処ができる。
お忘れかもしれんが、日本では明日にもあなたの家を激しくぶっ壊すような大地震だって、
全土で起き得るんだぜ。食糧の備蓄は新型インフルエンザの大流行以外にも有効な手立
てになるから。

429情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2008/02/24(日) 02:17:42 ID:1+XIWNcD 
新型インフルエンザの話を考えるときに、やはりもう一度考えておかないといけないのは、
かぜとは違うということだと思う。寝てれば治るというのは、個人防衛の観点からでしかな
い。俺は集団防衛とか社会防衛の視点が疫病を考えるときには欠かせないと思っている
から、N95じゃなくてもいいから、マスクはしてほしいと思うし、手洗いを徹底して欲しいと
願っている。

こないだ国立感染症研究所の先生とも話をしてきたが、やはり導火線が極端に短くなっ
てきたという印象を持った。人に感染しやすくなるためには2つの問題を解決する必要が
ある。一つはレセプターの問題。もう一つは、彼らにとって快適な温度の問題。細胞に入
りやすくした上で、人間の体温である36~37度が一番快適というウイルスになれば彼ら
も爆発的に増えることができる。

レセプターについては、彼らは解決しつつあるようだとその先生は語った。ウイルスを遺
伝子分析すると、彼らはどこからきて、どこへ行こうとしているのかが分かるんだそうだ
が、人の細胞に入りやすくする変化がおきつつあるとか。

あちこちの大学が協力してシミュレーションエンジンを立ち上げ、幾千幾万のシミュレー
ションを繰り返しているそうだが、やはり鍵を握るのは普段からのワクチン製造量の問題。
GSKのワクチンを輸入するというのは、魅力的に見えたが、そんなに簡単なことではない
んだそうだ。ワクチンは国家戦略備蓄に指定されていて、わが国が輸入するに当たって
は、EU委員会だの英国保健省だのとの事前協議と彼らの承認が必要なんだと。

現にアメリカは、自国でのシミュレーションの結果、何かあってもヨーロッパには絶対ワ
クチンをまわさないことに決めたそうな。そちらのほうが彼らの国益になると。企業人とし
ては、国という得体の知れないものが関わってくるワクチン製造を待つしかないというの
は苦痛で仕方ない。これは国家安全保障の問題だけど、福田首相にはその気がなさそ
うだしなぁ・・。日常からの感染症対策が必要なんだが、今ワクチンの集団接種というだ
けで金切り声を上げる人が少なくないからな。

ちなみに中国は、日本にワクチンの提供を要求してきているそうだよ。人口に比例した形
で各国が公平にワクチンを入手できることが大事だから、お前が作ったワクチンのうち、
10分の9は中国に回してくれね?みたいな話。

これも聞いた話になるけど、中国には家畜伝染病予防法みたいな法律がなくて、誰が家
畜用のワクチンを作ってもいいんだそうだ。免許制度がなくて。んで、中国国内で流通し
ているワクチンの3割が粗悪品で4割が偽ものだと。粗悪品というのは力価が十分じゃな
い代物なんだそうだが、こんなもん何回も鳥に接種していると、弱毒性のウイルスに何
度も感染させるのと一緒なので、いずれ強毒性に変化したりするんだそうな。

まあ、ソースの出しようがない話なので、話半分かそれ以下で聞いておくといいよ。
それでもぐだぐだあるようなら、もう書きようがありません。

858 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2008/04/18(金) 23:24:32 ID:B/rERUTz
>>622
1億人亡くなったという説が出ているんだけどさ、当時の世界人口は約12億人だった。
どう思う? 解釈は人の自由だけどな。俺は損害がこの5倍以上になるリスクがあると思う>>625
そこですよ。盆暮は休む人が多いだけで、サービス、物流、流通の各業界はむしろ戦時体制で働い
ているわけです。いきなり職場から人が2割消えたらどうする?ではそれが5割になったら?
本来このような経営計画を立てなければならない。こういうの事業継続計画っていうんだけどさ。
なかなか普及していないね。みんな地震の事業継続計画は作っているけど、感染症はやってない。
860 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2008/04/19(土) 00:01:33 ID:QRgptQQM
むしろ、役所・企業の業務継続・事業継続とか、侵入防止とワクチン以外の対策が全然進んでいな
いのが大きな問題だ。東北大学の押谷教授が切れまくっていたと聞いた。
>>626
この意見がもっとも冷静だと思うけどね。空気感染するかもしれないけど、飛沫感染は確実にする
のだから、ここへの対策が最優先でとられるべきだ。飛沫感染対策だけでもかなり大変だぞ。

トヨタが新型インフルエンザ対策終わらせたって言ってたんだが、こんなもんカイゼンと一緒で終わ
りなんかないはずなんだけどな。新しい社員に手を洗えうがいをしろと教え込むだけでも大変だぞ。
うちはうがいも一応必須項目に放り込んでいます。
865 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2008/04/19(土) 01:35:29 ID:QRgptQQM
>>863
というわけで、5月にはavian influenzaが国内に侵入すると思ってるよ。
元々韓国で発生して、ロシアの沿海州に飛び火した場合、遅かれ早かれ日本にもくるんだけど。

>>864
多分積算。もっというとただイメージだけでしゃべっている可能性が高い。
想定死亡率を引き上げるのも大事なんだが、今の想定死亡率でもいいから、社会のインフラがど
うなるかを検討してみてほしいんだよね。欠勤率は大変高くなると思うよ。俺はまっさきにコンビニが
動かなくなってしまうんじゃないかなと思っているんだけれども。
888 :情報提供係 ◆J/Mju4Qndo [sage] :2008/04/19(土) 18:22:39 ID:QRgptQQM
誤解が生じているようだけど、新型インフルエンザが発生するわけではなくて、俺は強毒性鳥インフ
ルエンザの国内発生が避けられないと判断していて、人間の行き来から考えて、5月に発生しても
全く不思議ではないといっているだけだからね。

5月に発生しなかったからといって、あとで嘘つき呼ばわりしないでくれよ。
俺は渡り鳥媒介説より人間媒介説の方が有力なんじゃないかと思っている人間だからこういう見解
に立つけど、他の立場はあって不思議じゃないよ。

| | トラックバック (0)