WHO

ジャカルタ日本国大使館 お知らせ総09第24号(平成21年5月13日)WHO記者会見

ジャカルタ日本国大使館 お知らせ総09第24号(平成21年5月13日)WHO記者会見
http://www.id.emb-japan.go.jp/index_jp.html
3.WHO記者会見
12日夕(ジュネーブ時間)、WHOの新型インフルエンザに関する記者会見が行われましたので、概要を下記のとおりお伝えします。

(1) 症例数
 本日時点で確認されているのは、30ヶ国、5,251症例。

   
(2) 症状、リスクの高い人
(イ) 症状は、通常のインフルエンザと同様の、喉の痛み、咳、発熱などがみられる軽症のケースから、肺炎を伴い、時に呼吸装置が必要となるような重症のケースもある。

(ロ) 何故メキシコでのみ重症のケースが見られるのかが疑問に思われていたが、情報が集まるにつれ、メキシコと米国とでは、軽症と重症の割合が非常に近いことが判明。

(ハ) メキシコ及び米国でみられる重症のケースは、主に
(i)慢性疾患のある人(糖尿病、呼吸器疾患など)や妊婦(重症例や死亡例あり。)、
(ii)健康な若者や子どもに見られる。健康な若者や子どもが、何故重症になるのかは現時点では分からないが、調査中。

(ニ) (あるメディアのレポートによると、感染者の1000人に14人の割合で死亡するとの報告があったが如何との質問に対し、)
この発表は、WHOと緊密に協力しているグループによるものであり、現時点では最善の結論である。

   
(3) ガイダンスの作成、抗ウィルス薬の使用
(イ) WHOは「臨床管理のためのガイダンス(Initial guidance for clinical management)」を発表する予定。ガイダンスの中では、多くの患者は入院や抗ウィルス薬が必要ないこと、アスピリンの使用をすべきでないこと等が含まれている。

(ロ) (ガイダンスの中で抗ウィルス薬の使用が必ずしも必要ないと述べられるとのことであるが、これまでは過剰に使用されてきたということかとの質問に対し、)
欧州では積極的に使用されているが、米国やメキシコはリスクの高い人の使用分を確保するために出来る限り使用を控えている。

(ハ) 調査中のためはっきりしたことはいえないが、欧州で抗ウィルス薬が積極的に使われていることが、欧州で重症のケースが少ないことと関係がある可能性はある。

(ニ) (WHOとして、早期に積極的にタミフルを使用することを推奨するのか否かとの質問に対し、)
WHOとして強い立場はない。これは各国のパンデミック対応計画の一部をなすものであり、国毎に異なった戦略がある。
WHOとして当該インフルエンザについての対応の経験もない。ただし、入手可能な範囲内で、リスクの高い人々への使用を検討するよう、ガイダンスの中で述べている。
この際にも、各国はそれぞれで優先順位付けをする必要がある。
どのように使用すべきかについて議論はなされているが、情報がほとんどない。従って、各国にはその経験を共有してもらう必要がある。

(ホ) (多くのケースで入院や抗ウィルス薬が必要ないということであれば、ワクチンの製造の緊急性はないということかとの質問に対し、)
米国及びメキシコにおいては、感染が確認されたケースの9~10%が入院が必要なケースである。これは、季節性インフルエンザとは明らかに異なっており、ワクチンの開発は必要である。

| | トラックバック (0)

感染症情報センター訳:WHOインフルエンザパンデミックの深刻度の評価

重要な情報です。

長文ですがぜひお読みくださるようお願い致します。

感染症情報センター訳:WHOインフルエンザパンデミックの深刻度の評価
http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/2009who/090511assess_severity.html

| | トラックバック (0)

感染症情報センター訳:WHO インフルンエザA(H1N1)アウトブレイクにおける市中でのマスク使用に関する助言 暫定的な手引き

インフルンエザA(H1N1)アウトブレイクにおける市中でのマスク使用に関する助言 暫定的な手引き
http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/2009who/09who36.html

| | トラックバック (0)

感染症情報センター日本語訳:幼稚園から高校生、及び保育園における新型インフルエンザA(H1N1)ウイルス感染に対するCDCの暫定的なガイドライン

幼稚園から高校生、及び保育園における新型インフルエンザA(H1N1)ウイルス感染に対するCDCの暫定的なガイドライン
http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/2009cdc/CDC_01.html

| | トラックバック (0)

欧州の感染者急増が認定の焦点 WHOのパンデミック

欧州の感染者急増が認定の焦点  WHOのパンデミック
http://www.47news.jp/CN/200905/CN2009050701000732.html
 【ジュネーブ7日共同】感染拡大が続く新型インフルエンザについて世界保健機関(WHO)は7日も、世界的大流行(パンデミック)の正式認定となる警戒水準(フェーズ)の「6」への引き上げの是非をめぐり、各国・地域の感染状況の分析を精力的に続けた。焦点は感染者が急増している英国、スペイン。「引き上げは時間の問題」と話す関係者もおり、緊迫した状況が続く。

 WHO事務局内には「内部の評価としては既に『6』だ」との認識が出ているほか、警戒水準の引き上げの是非を事務局長に勧告する緊急委員会のメンバーに、委員会開催に備え待機要請が出されている。

 しかし一部のWHO関係者によると、感染疑いの人に対する米欧間の検査基準の違いに加え、英国とスペインが加盟する欧州連合(EU)内の調整が難航。パンデミック認定に予想以上の時間がかかっているもようだ。

 英国とスペインの感染確認数はそれぞれ32人と73人で、メキシコや米国、カナダの北米の発生国に次ぐ感染数。両国をはじめ欧州で、感染源の特定が不可能な地域社会レベルの感染拡大が確認されれば、パンデミックが認定される。

 英、スペイン両国で既に「人-人-人」の感染報告が出ているとの情報もあるが、WHOでインフルエンザ対策全般を統括するフクダ事務局長補代理は6日、一部記者団に対し、感染は学校内など閉鎖的な空間に限られており「感染源が特定できないような地域社会レベルの流行に至ったとの証拠はない」と警戒水準維持の理由を説明した。

| | トラックバック (0)

季節性インフルと新型インフル、2種のワクチンが必要-WHO

季節性インフルと新型インフル、2種のワクチンが必要-WHO
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90003011&sid=aNNXZgIl410Q&refer=jp_asia

| | トラックバック (0)

感染症研究所 感染症情報センター:WHOパンデミック警戒フェーズの説明他 日本語訳

感染症研究所 感染症情報センター:WHOパンデミック警戒フェーズの説明他 日本語訳
http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/2009who/09who21.html
http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/2009who/09who22.html

| | トラックバック (0)

新型インフルのワクチン製造、数週間以内に開始=WHO

新型インフルのワクチン製造、数週間以内に開始=WHO
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090502-00000266-reu-int
 [ジュネーブ 1日 ロイター] 世界保健機関(WHO)高官は1日、一部の医薬品メーカーが数週間以内に新型インフルエンザのワクチン製造を開始する見通しと発表した。
 ワクチン研究イニシアチブ・ディレクター、マリー・ポール・キーニー氏は記者会見で、WHOが医薬品メーカーと、季節的なインフルエンザワクチン製造を停止し、新型インフルエンザ(H1N1)のワクチン製造に移行する可能性や時期について協議していることを明らかにした。
 米疾病対策センター(CDC)が5月中旬から下旬にかけ、ワクチン製造用の新型インフルエンザのウイルス株を医薬品メーカーに渡すと説明した。
 同氏は「無理のない短期間に効果のあるワクチンを製造することに疑問はない」としたが、新たなワクチンが市販されるまでには4─6カ月かかるとされている。
 また、現在の生産能力に基づくと、年間で製造可能な量は約10─20億人分という。
 「残念なことに、世界の全人口に十分なワクチンの製造能力がないことは明確で、リスクの高いグループへの優先順位付けが必要となる」と述べた。

| | トラックバック (0)

WHO日本語訳:ブタインフルエンザに関するよくある質問

ブタインフルエンザに関するよくある質問
http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/2009who/09who04.html

| | トラックバック (0)

WHO:フェーズ4声明の日本語訳

ProMED ML日本語訳より 竹川先生のボランティア訳です。

●04-27(0428-0020)#C#インフルエンザA(H1N1)"豚インフルエンザ”:世界各国(02)
[1] WHO statement 27 Apr 2009
Statement by WHO Director-General, Dr Margaret Chan 27 April 2009
Swine influenza
情報源: WHO 、2009年4月27日。
http://www.who.int/mediacentre/news/statements/2009/h1n1_20090427/en/index.html

the International Health Regulations (2005)に従い設立された、The Emergency
Committeeの2回目の会合が、2009年4月27日に開かれた。この委員会では、米国、メ
キシコおよびカナダで確認されているA/H1N1豚インフルエンザ感染流行について得ら
れているデータを検討する。委員会では、その他の国への感染拡大の可能性に関する
報告についても検討を行う。

○現在のWHOのパンデミック警戒レベル:委員会の意見をもとに事務局長は以下のよ
うな決定を下した

the level of influenza pandemic alert (インフルエンザパンデミックの警戒レベ
ル)を、現在の3から4に引き上げる。pandemic alertのより高い段階への変更は、パ
ンデミックの可能性が高まったことを表すが、パンデミックが回避不可能であること
を意味するのではない。さらに詳しい情報が入り次第、WHOは再びフェーズ3に戻すこ
とや別の段階に引き上げる決定を行う可能性もある。今回の決定は基本的に、ヒト-
ヒト感染を示す疫学データと、ウイルスが一般社会レベルでアウトブレイクを発生さ
せる能力を有することに基づくものである。同ウイルスが広い範囲に拡大しているこ
とから、アウトブレイクの封じ込めは not feasible(不可能)と事務局長は判断し
た。現在、mitigation(軽減)対策に重点を置くべきである。

○International Health Regulations (IHR 国際保健規則):事務局長は、国境閉鎖
を勧告せず、また渡航制限も勧めない。体調が悪い場合は渡航を延期することが賢明
であり、渡航後に症状が見られた場合は医療機関を受診することが望ましい。事務局
長は、全ての対策は、IHRの目的と意図に従ったものである必要性を強調した。

○ワクチン:事務局長は、事態は変化し、再評価の必要性があり、季節性インフルエ
ンザワクチンの生産は続けるべきであると考えている。

| | トラックバック (0)